ハンバーグを焼くフライパンは油引く?テフロンはこびり付かない?油の量は?

この記事は約4分で読めます。

こんにちはトラ次郎です。

今日は「ハンバーグのフライパンに油引く?」についてお送りします。

直後ハンバーグ油引くひっくり返し

ハンバーグを焼く時は、フライパンに油を引くかどうか…

これって、焼く人により意見の分かれるところ。

油たっぷりの状態で焼く人もいれば、ぜんぜん引かない人もいます。

それじゃ、何を参考にしたらよいのか分かりづらいですよね ^^; 

そこで今回は、お家のハンバーグに標準を合わせて「油を引くのか、引かないのか」考えてみたいと思います。

普通、ハンバーグ焼くときフライパンに油を引く?

お家でハンバーグを焼く場合「フライパンに軽く油を引く」人が平均して多い

これは鉄のフライパンはもちろん、テフロンのフライパンを使う人も油を引く感じです。

じゃあ「 普通は、油を引くんですね」となりがち。

でも、ハンバーグって焼いているとジュワジュワ油が出るじゃないですか。 

あれだけ油が出ていれば、油はが無くてもよさそうな気がしませんか? 

鉄のフライパンは油を引かないとこびり付いちゃいますが、テフロンだったら大丈夫かもしれない。

そこで実際に、油を引かないテフロンのフライパンでハンバーグを焼いてみました。

テフロンは油を引かなくてよいか?

それでは早速、実験開始です。

ハンバーグがフライパンにこびりつくのか、無駄に焦げるのか…ちょっと見てみましょう。

まず、このような状態で油をひかないフライパンを用意しました↓

フライパン空油引く

フライパンにハンバーグのタネを投入↓

直後フライパン油引くハンバーグ入れた

焼き入れ2分後。
ジュワジュワ油が出てきました

片面が焼けたので、ひっくり返し。 
こびりつき無し普通にいい感じで焼けてます↓

直後ハンバーグ油引くひっくり返し

蒸し焼きにして調理完了
パンパンに膨らんで美味しそうです ↓

焼き上がりハンバーグ油引く

焼きたてハンバーグの断面
肉汁どばー↓

断面ハンバーグ油引く焼き上がり

以上、油を引かないテフロンでハンバーグを焼いてみました。

まー、油を引かなくても問題なさそうです

  • 焦げて、こびり付いたりしない
  • 火の通りも文句ない 

ただ、見た目はOKでも、味がマズかったら意味ないですよね…

なので、引き続いて試食に突入してみたいと思います。 

味に違いは出る?肉の風味が違う!

フライパンに油を引かないでハンバーグを焼くと、油っけがなくてパサパサ?

かと思ったら、全然そんなことないっす。

  • 思いっきりジューシーだし
  • 脂感も十分

テフロンのフライパンで焼くなら、油を引かなくても問題ないです。 

(テフロンが剥げていたら、油を引いててください)

さらに、油を引かないフライパンでハンバーグを焼くと肉の風味が濃厚になる。

肉の香りがストレートに伝わるんですね。

というのは…ひき肉以外の油を使っていないので、他の油の香りが混ざらない。

ハンバーグオンリーの油なので、素材の風味がそのまま出ます。 

今回使ったひき肉は、若干高級め?(100g158円 )だったので肉の風味が引き立ち、いつもより美味しく感じました。 

逆に言うと、油の香りまで計算してハンバーグを作ると、さらにウマいハンバーグができるんじゃないでしょうか。

フライパンに「油を引く、引かない」かは、 焼き上がりよりも味への影響の方が大きいと思います。 

引く油の量も「どのくらいの量を使うと美味しくなるか」を考えて決めるのが大事。

場合によっては「油たぽたぽ」でもいいかも?

関良祐さんの動画「肉汁溢れるハンバーグの作り方」では、

肉汁溢れるハンバーグの作り方(形成編)

フライパンに、たっぷりの油が入っているのが分かります。(1分30秒あたり)

油を使わないとヘルシー?

ハンバーグを焼く時に、フライパンに油を引かないとちょっとヘルシーな感じがしませんか?

ノンオイルで焼いてるから少しサッパリするかな?みたいなイメージで。

でも、実際にハンバーグが焼けている様子を見てると、ヘルシー効果は期待できないかも?

フライパンに油を引こう引くまいが、ハンバーグはそれ以上に油ギッシュな存在

周りに余計な油がないとしても、油の全体量はそれほど変わらないんじゃないかな~と思います。

ハンバーグを食べる時は、摂取カロリーよりも美味しさを優先した方が幸せになれますよ、きっと。

タイトルとURLをコピーしました