ハンバーグにマヨネーズを入れるとどんな味?普通のハンバーグと何が違う?

この記事は約4分で読めます。

こんにちはトラ次郎です。

今日はハンバーグにマヨネーズを入れるについてお送りします。

マヨネーズ

ハンバーグを美味しくする裏技で「マヨネーズを入れる」ってのがあります。

作ったことありますか?「マヨ入りハンバーグ」。

普通の感覚の人だったら、若干勇気がいるかもしれません。

酸っぱい?」とか「マヨネーズの匂いがする?」とか、ちょっと心配ですよね。

そこで今回は「マヨネーズ入りハンバーグ」の試食レポートをお送りしたいと思います。

あと、比較対象として普通のハンバーグも作り、両者の違いも味わってきましたよ~

ハンバーグにマヨネーズを入れる理由!ふんわりジューシー?

お家でハンバーグを作った時に「今日のはモソモソしてイマイチだなー」ってことありませんか?

その理由は、材料や焼き方によって様々。

ただ、往々にして考えられるのは「ひき肉の脂不足」。

きちんと手順通りに作っているのにパサパサするのは、ひき肉の脂が足りないのかもしれません。

んで、脂が足りなかったら「脂」を補います。

牛脂とか。 

でも、牛脂とか家に無いじゃないですか。
あってもバターとか。

そこで、牛脂の代わりにマヨネーズを使用します。

ハンバーグのタネにマヨネーズを入れることで、マヨネーズの乳化した油分(マヨって白いですよね)がひき肉をふんわりジューシーにしてくれる。

プロのハンバーグ研究者もこう言っています。

挽肉の脂の割合が少なすぎるとパサパサとした食感になります。飲食店では、挽肉に牛脂を挽いたものを混ぜてジューシー感を出します。牛脂が手に入らない時は、マヨネーズを少量混ぜてみて下さい。

引用:榎本ハンバーグ研究所blog

「ハンバーグのマヨを入れる」って聞くと「まじっすか!」って違和感を感じるかも?

でも、マヨネーズのふんわり効果を狙って、ホットケーキに使用するレシピもあるくらい。

ホットケーキに比べれば、ハンバーグに入れるくらい可愛いもんじゃないですか!? 

どんな味?酸っぱくない?

さてさて、能書きはそんな感じなんですが…大事なのは食べて美味しいかですよね

んで、実際に作ってみました↓

ハンバーグひかく 右マヨ入り
右マヨなし、左マヨ入り

どうですか?白くないでしょ!?

そして、お味の方は・・・ 
酸っぱくないっす。はー良かった!

ただ、意外と普通っぽいので味の説明が難しいです

でも、ムリに表現するとウソ臭くなりますよね。

そこで、マヨ無しの普通のハンバーグと比較してみました。

普通のハンバーグとの違いは?

マヨ入りハンバーグと普通のハンバーグは、全然ちがうってコトはないっす。

基本的に、どっちもハンバーグですから。

ただ、二つ並べて食べると、微妙な差も感知できるようになりました。

マヨネーズハンバーグ

  • 口当たり→フワ~
  • 味→きめ細やかな味
  • 風味→優しく繊細

普通のハンバーグ

  • 口当たり→ガツン!
  • 味→肉っぽい味が引き立つ
  • 風味→いかにもハンバーグらしい感じ、パワーがある

ハンバーグって、中心が柔らかくて周りが固めですよね。
食パンみたいなノリで。

んで、マヨ入りハンバーグは、ヤマザキダブルソフトみたいにハンバーグ全体が柔らかくしっとりした感じ

食べ比べてみると、確かに「パサパサ感の軽減」には貢献していると思います。

んで、どっちのハンバーグが美味しいか?と言うと・・・

賓差で「普通のハンバーグ」ですかね~

ハンバーグをハンバーグらしく食べるのですから、そりゃストレートにうまいですよ。

でも、ハンバーグのパサパサ感が気になる場合は「マヨ入り」も全然あり。

ってか、僕なら余裕でそうします。 

ちなみに、マヨネーズの入れすぎは禁物

適量ならOKなんすが、大量に入れるとかなり「マヨ味」になります。 

プロや食品メーカーが推奨している量でも、神経質に比較するとマヨネーズの風味を感じるので。(黙っていれば分からない程度ですが)

マヨネーズを入れる量とタイミングは?意外と少ない!

マヨネーズハンバーグ

ハンバーグに入れると、確実にその効果を表すマヨネーズ。 

入れる量は「一人小さじ一杯」。

意外と少なくていいんですね。

んで、入れるタイミングは最初の練りこみの時

つまり、ひき肉と塩をだけでこねる最初のタイミングで。

でも、入れるタイミングは多少ずれても大丈夫かな?

しっかり混ぜ込んであれば、だいたいOKです。 

ちなみに、焼く前のハンバーグタネ↓

マヨ入りハンバーグタネ 
左マヨ入り

マヨ入りの方が少し白いっすね。

タイトルとURLをコピーしました